岡山県のリフォーム・新築木匠工房みやけ建築

086-486-4780

新着情報News info

外壁塗装の重要性と耐用年数に合わせた適切なメンテナンス時期

 

家や建物は、新築してから時間が経過すればするほど、劣化していくものです。

特に外壁や屋根は、常に紫外線や雨風にさらされているため、

大きなダメージを受けてしまいます。

だからこそ適切なメンテナンスやリフォームが必要となるものですが、

外壁塗装の工事や屋根の塗装工事とは、どんな方法で実施されているのでしょうか。

 

 

外壁塗装工事の重要性

外壁塗装が与える影響は、その建築物の見た目だけではありません。

建物の外面として、紫外線や雨風、排気ガスなどから建物を守っているため、

適切なメンテナンスを施す必要があります。

ひび割れや雨漏りなどといった、目に見える被害がないからと、安心してはいけません。

こまめにメンテナンスを実施することで、外壁の耐用年数を少しでも長くさせることが大事です。

すでに被害が発生しているにもかかわらず、メンテナンスを怠り、放置してしまえば、

かえって補修費用が高くつく可能性もあります。

外壁に使用されている素材の腐食や劣化、塗装に使用される塗料の剥がれを放置することで、

外壁塗装のリフォーム工事費用より、数十倍の費用がかかることもあるのです。

塗料の特徴や耐用年数を把握し、その家や建物にあった外壁塗装を選ぶことで、

建物そのものを長持ちさせることにつながります。

 

 

部位別にみる塗装のタイミング

家や建物には、塗装のやり直しが必要となる部位がたくさんあります。

使われている塗料の種類や素材だけではなく、用途によっても塗り直しのタイミングは違うものです。

それぞれ塗装のやり直しを行うタイミングをみていきましょう。

 

1.外壁

外壁は言うまでもなく、建物を守る壁です。

ひび割れや、雨漏りだけではなく塗装に使用されている塗料の剥がれなどが発生している場合には、

耐用年数に関係なくできるだけ早急に塗り直す必要があります。

 

2.屋根

屋根は外壁以上にダメージが大きい部位であるため、劣化も早くなります。

定期的にチェックする必要がありますが、簡単に確認できる場所ではありません。

ひび割れやチョーキングなどの被害がないか、

おおよそ10年に1度を目安に、専門業者に点検してもらい、塗り直しの時期を決めます。

 

3.雨戸

雨戸は外壁に設置されているため、外壁と同様にダメージを受けやすいものです。

ほとんどが鉄製であることから、錆びが発生しやすいだけではなく、

外壁に金属製の素材を使っていると、外壁に発生した錆が移ってしまうこともあります。

目立つ劣化がなくとも、外壁塗装と同じタイミングで塗り直せば、

建物全体を美しく仕上げることができます。

 

 

外壁塗装の工法

外壁に使用される塗料にはいくつかの種類がありますが、

その塗装方法にもいくつかの工法があります。

 

1.ローラー

ローラーと呼ばれる道具に塗料を付け、壁や屋根に塗っていく工法です。

ローラーを転がしながら、広い面積を一気に塗装できる点がメリットですが、

その分細部に塗装する際には向かない工法でもあります。

 

2.刷毛

筆のような道具に塗料を付け、塗り上げていく工法です。

ローラーとは対照的に、1度で少ししか塗れないため広い部分ではなく、

細かい部分の塗装に役立つ工法となります。

 

3.吹き付け

塗料を噴射するための、専用の道具を使って塗装する工法です。

ローラーと同じで、広い面積に一気に塗装することができる点や、

凹凸部分にもムラなく塗装できる点がメリットとなります。

反面、塗料の飛び散りがあるのがデメリットです。

 

 

まとめ

外壁塗装や屋根の塗装のやり直し工事は、そう簡単にできるものではありません。

だからこそ定期的なメンテナンスが重要であり、

適切なタイミングで塗装工事を実施する必要があります。

信頼できる業者を選び、最良な方法で外壁塗装を行うことで、

少しでも長く自分の大切な家や建物を守ることができるのです。

 

岡山県のリフォーム・新築は木匠工房みやけ建築にご相談下さい。


会社名:木匠工房みやけ建築

住所:〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町949-12

TEL:086-486-4780 MOBILE:090-5372-6778(直通)
FAX : 086-486-4781

営業時間:8:00~17:30 定休日:日曜日

対応エリア:リフォーム/新築施工/店舗工事/家具製作/エクステリア工事

業務内容:岡山県内

2021.08.13

page top