岡山県のリフォーム・新築木匠工房みやけ建築

086-486-4780

新着情報News info

外壁塗装を行うタイミング

 

外壁塗装を考えるタイミングとして様々な理由があると思います。

しかし 今すぐ行う必要はない と外壁塗装の必要性を

あまり感じていない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は外壁塗装の必要性についてお話しします。

 

築10年が塗装の目安

塗装をするメリットとして次のことが挙げられます。

①建物の美観を保つ

外壁塗装をすることによって、劣化していた外壁塗膜を綺麗にすることができ

新築のような輝きを取り戻すことができます。

また、新築時とは違ったデザインや色味に変更することもできるので

今までと気分転換をすることも可能です。

 

②外壁を保護するため

外壁塗装をすることで、劣化した外壁を風雨や紫外線などから守ることができます。

定期的なメンテナンスを行い、建物の耐久性を高めることで

劣化の原因から大切な家を守ります。

 

防水性の低下が引き起こすもの

防水性が切れてしまうと、外壁材に直接雨水や紫外線が当たり

外壁材や住まいの構造体の劣化・雨漏りに繋がってしまう恐れがあります。

そのまま放置すると外壁塗装では済まされず、住宅の建て替えまで

発展してしまう恐れもありますので

定期的なメンテナンスが必要となるのです。

 

外壁塗装を行うべき劣化のサイン

①外壁の色あせ(劣化進行度:低)

外壁が当初より色あせをしている場合は、早急ではありませんが

塗り替えを検討した方が良いでしょう。

外壁の色あせは塗膜劣化が始まっている証拠でもあります。

 

②チョーキング(劣化進行度:中)

外壁を触った時に、手に白い粉が付くことをチョーキング現象と言います。

これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり

塗装の表面が劣化して起こります。

これを放置しておくと外壁のひび割れやカビの発生などにまで

発生する恐れがあるので、早めのメンテナンスが必要です。

 

③塗膜の膨れ・剥離(劣化進行度:高)

外壁塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?

これも外壁塗膜の劣化が原因で、放置してしまうと

外壁内部へ雨水が浸入してひび割れ等を引き起こす恐れがあります。

 

④クラック(劣化進行度:高)

外壁のひび割れのことをクラックと言います。

苦楽の幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと言い

構造クラックがある場合には早急なメンテナンスが必要となります。

クラックを放置しておくとそこから雨水がどんどん侵入し、カビなどの原因になる他にも

住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがあります。

 

⑤シーリング材の塗膜剥がれ・割れ(劣化進行度:高)

サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ周りなど、

シーリング部分が劣化し亀裂が生じていることがあります。

シーリング材が劣化している場合は「増し打ち」や「打ち替え」を行い

目地部分からの雨水の侵入を防ぐ必要があります。

 

外壁塗装に最適な季節~各季節のメリット・デメリット~

メリット:湿度が低いことから塗料が乾きやすい

デメリット:不安定な天候が多く作業期間が伸びてしまう

 

メリット:気温が高いため塗料の乾きが早い

塗料の伸びも良いため作業を早く進めることができる

デメリット:養成をするため窓を開けることができない

 

メリット:空気が乾燥しており気候も穏やかなため施工しやすい

デメリット:台風シーズンのため工期が長引く可能性あり

 

メリット:空気が乾燥しているため塗料の定着が良い

養成で窓を閉めたままでも支障がない

デメリット:日照時間が短いため作業可能な時間が短い

気温や霜・積雪の影響で工期が伸びる可能性あり

 

このように外壁材の」劣化においても、様々な劣化のサインがあります。

まだ早急な対策が必要でないものから、住宅の構造劣化に繋がる重大なものまで

いくつかありますので、劣化進行度が高の劣化が見られる場合には

早急に専門家へ相談をしましょう。

季節別のメリット・デメリットも是非参考にしてみてくださいね。

岡山県のリフォーム・新築は木匠工房みやけ建築にご相談下さい。


会社名:木匠工房みやけ建築

住所:〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町949-12

TEL:086-486-4780 MOBILE:090-5372-6778(直通)
FAX : 086-486-4781

営業時間:8:00~17:30 定休日:日曜日

対応エリア:リフォーム/新築施工/店舗工事/家具製作/エクステリア工事

業務内容:岡山県内

2020.01.24

page top