岡山県のリフォーム・新築木匠工房みやけ建築

086-486-4780

新着情報News info

屋根塗装の時期を見極めるための基礎知識

 

屋根塗装は、行うタイミングを判断するために劣化状態を見極めることが大切です。

これらを知っておくことで、屋根がボロボロになってしまう前に塗装を行なうことができます。

今回は、屋根の塗装を行うのに最適な時期についてご紹介します。

 

 

屋根の塗装に適した時期の見極め方

 

屋根の塗装の周期は築10

屋根は、定期的に塗り替えを行うことが必要です。

塗装は屋根を守る役割を果たしているのですが、経年による劣化によって、

色あせや雨漏りなどの症状が現れます。
塗装の劣化が明らかになる目安としては、一般的に築10年、または前回の塗り替えから約10年と言われており、

塗装の保護機能が低下した後に、保護機能を復活させるためにも、10年前後で塗り替えを行なう必要があります。

しかし、10年というのはあくまで目安なので、実際に塗装のタイミングを見極めるのであれば、

具体的な劣化症状をもとに屋根塗装の時期を見極める方法もあります。

そこで、どのような症状を発見したら塗り替えを行なう必要があるのかをご紹介します!

 

 

屋根の塗装の必要性は劣化症状で見極められる

ここでは屋根の塗装の必要性がある劣化症状についてご紹介します。

 

雨漏り  塗装の必要性:早急

雨漏りを見つけた場合には、早急に屋根を専門業者に確認してもらうことが必要です。
雨漏りが続くと、屋根の劣化だけでなく建物全体の劣化が早まったり、
カビの発生による健康障害も懸念されるので気をつけましょう。

 

ひび割れ 塗装の必要性:早急

ひび割れは主に外部からの衝撃や劣化によって発生します。

 

・外部からの衝撃
地震や車の通りが多く、地面が揺れ、建物がゆれることなどの外部からの衝撃によって、

ひび割れが発生したり、広がってしまったりすることがあります。

・劣化
塗装の保護機能が低下したことにより、セメント瓦やスレート瓦等に雨水が染み込み、

乾湿の繰返しによって脆くなってしまうためにひび割れが発生してしまいます。
ひび割れが発生している部分が一部であったとしても、屋根全体の劣化が進行している可能性が高いため、

塗り替えよりも葺き替えが必要な場合もあるので注意しましょう。

 

剥がれ 塗装の必要性:早急

剥がれは、塗膜の劣化が進行することによって発生します。

剥がれが発生すると、風や雨によって症状の範囲は広がってしまいます。

この症状は屋根が裸の状態になっており、劣化を急激に進行させてしまうこともあるため、

早急に専門業者に確認してもらうことが必要です。

 

サビ 塗装の必要性:なるべく早い段階での塗装がおすすめ

サビは、塗装の保護機能が低下し、金属が酸素と水に反応することによって発生します。
サビは塗り替え前に削って除去する必要があり、

広範囲に広がっている場合は除去するために必要な費用と再発を防ぐための処置にかかる費用が高くなることが多いです。

早急に塗装を行なう必要はありませんが、発生している範囲が狭いうちに適切な処置を行いましょう。

 

コケ・藻 塗装の必要性:なるべく早い段階での塗装がおすすめ

コケや藻は、塗装の保護機能が落ち、屋根が水分を含みやすくなった結果として発生します。

早急に修繕を行なう必要はありませんが、発生した状態が続くと、屋根の劣化が早まるので、

コケや藻を除去した後、塗り替えを行なうようにしましょう。

屋根の劣化症状についてご紹介してきましたが、

慣れていない人にとっては屋根に上るのは非常に危険な行為となります。

屋根に登らずに劣化症状を確認するためには、1階部分の屋根の確認や、

双眼鏡を使って家の前の道路などからの観察がおすすめです。

 

 

上記の方法で、ご紹介した劣化症状を発見した場合や、気になることがある場合には、

プロの業者に屋根の劣化状況を診断してもらうことが大切です。

 

岡山県のリフォーム・新築は木匠工房みやけ建築にご相談下さい。


会社名:木匠工房みやけ建築

住所:〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町949-12

TEL:086-486-4780 MOBILE:090-5372-6778(直通)
FAX : 086-486-4781

営業時間:8:00~17:30 定休日:日曜日

対応エリア:リフォーム/新築施工/店舗工事/家具製作/エクステリア工事

業務内容:岡山県内

2020.02.14

page top