岡山県のリフォーム・新築木匠工房みやけ建築

086-486-4780

新着情報News info

住宅のバリアフリーでおすすめのポイントと費用について


 

住宅をリフォームでバリアフリーにしたい場合、

どのようなポイントを意識すればいいのでしょうか。

リフォームするなら、最大限効果のあるバリアフリーを実現したいですよね。

そこでおすすめのポイントや、バリアフリーにかかる費用について紹介します。

 

 


事故につながるリスクが高いお風呂場

お風呂で溺れたり足を滑らせて転倒したりなど、

お風呂場は何かと事故につながるリスクが高いですよね。

特に高齢者はこれらの事故に遭いやすいため、

バリアフリーにして事故を未然に防がなければいけません。

リフォームでバリアフリーにする際にまず意識したいのがお風呂場です。

たとえばお風呂場に躓きやすい段差がある場合、

その段差をなくすだけでも転倒のリスクを低くできますよね。

高齢者は小さな段差でも躓きやすいですから、なるべくなくす必要があります。

また床に足を取られてスリップしないように、

スリップ止めの加工を施すのもおすすめです。

ほんのちょっとした工夫ですが、こうした工夫がお風呂場での事故を未然に防ぎます。

他にも浴槽の脇に手で掴まるための手すりを設置したりなど、

お風呂場をバリアフリーすることの意味は大きいです。

住宅のバリアフリーを意識するなら、まずお風呂場に注目しましょう。

 

 

楽に用を足せるようにトイレをバリアフリー

高齢者が日常生活を送るうえで大変なのが、何といってもトイレです。

高齢になると頻尿の傾向が顕著になるため、どうしてもトイレに行く回数が増えますよね。

そのトイレの度に苦労するようでは、普通に日常生活を送るだけでも疲れてしまいます。

そこでトイレの負担を軽くするためのバリアフリーに意識を向けましょう。

まずとにかくトイレまでの距離を短くし、それほど歩かなくても行けるようにします。

特に寝室から近いところにトイレがあれば、

夜中に起きてトイレに行くときのリスクを低くできます。

また場合によっては、便座が昇降するタイプのトイレを設置するのもバリアフリーの一環です。

用を足すのにかかるストレスを少しでも軽減できれば、それだけ楽になるのは間違いありません。

トイレをバリアフリーにするのは、高齢者が暮らしやすくなるための重要なポイントです。

 

 

バリアフリーの費用について

住宅のバリアフリーにするための費用は、どのような工事をおこなうかがポイントです。

それほど手間ではない工事なら10万円しない費用で実現できますが、

大がかりな工事ともなれば100万円以上かかる場合もあります。

工事の内容によって費用はまちまちですので、

予算と相談しながらどのようなバリアフリーにするのかを決めましょう。

またバリアフリーの費用を、介護保険や自治体が補助金として一部負担してくれる制度もあります。

補助金が支給されるなら、住宅のバリアフリー化に取り組みやすいですよね。

ただ補助金の支給にはそれぞれ条件がありますので、

条件に適合するかどうかよく確認してからどうするのか判断しましょう。

住宅のバリアフリーは高齢者が暮らしやすくなるために必要なことですが、

その内容に応じて費用がかかります。

金銭的負担が大きくなりすぎるのは、誰でも避けたいですよね。

バリアフリーといってもその内容はさまざまですので、

何が最適なのかを事前にきちんと調べ、

必要に応じてバリアフリーにするのが後悔しないおすすめの考え方です。

 

 

まとめ

体が不自由な高齢者のために住宅をバリアフリーにするのは、とてもいいことですよね。

高齢者への負担が軽減されれば、それだけ暮らしやすくなるのは間違いありません。

すすめポイントはお風呂場とトイレですが、

それらをバリアフリーにするにはそれなりに費用がかかります。

費用を含めてトータル的に検討し、どうするのがベストなのか答えを出しましょう。

岡山県のリフォーム・新築は木匠工房みやけ建築にご相談下さい。


会社名:木匠工房みやけ建築

住所:〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町949-12

TEL:086-486-4780 MOBILE:090-5372-6778(直通)
FAX : 086-486-4781

営業時間:8:00~17:30 定休日:日曜日

対応エリア:リフォーム/新築施工/店舗工事/家具製作/エクステリア工事

業務内容:岡山県内

2021.03.26

page top