岡山県のリフォーム・新築木匠工房みやけ建築

086-486-4780

新着情報News info

外壁塗装の塗り替えはいつ行う?目安となる時期や塗料の種類について


 

家の定期的なメンテナンスに必要不可欠になってくるのが外壁塗装です。

頻繁に行うものではありませんが、経年により劣化していき見た目が損なわれていくだけではなく、

建物の保護という本来の役割も十分に果たせなくなりトラブルを招くリスクが高くなります。

そんな外壁塗装の目安となる時期や、塗料の種類、注意点について確認していきましょう。

 

 


外壁塗装を塗り替えるタイミング

外壁の塗り替えリフォームの検討は、一般的に10年ごとに行うものとされています。

この10年というのは、一戸建て住宅でシェアが広いシリコン系塗料が10年前後の耐用年数だからです。

外壁塗装は建物の外観を整えるために必要なものと考えるかたも少なくありませんが、

塗料を壁に塗布することによって雨や雪、

埃や紫外線などから建物に与えるダメージを軽減するのも目的。

そんな外壁塗装は日に晒されたり雨風を受けることで、

ヒビが入ったり粉が吹く、日陰でジメジメしている面に苔が生えるといった変化が見られるようになります。

こうしたわかりやすいサイン以外にも、目に見えない不具合が起こり始め、

放置すると傷んだところから建物の資材を腐らせるといった大きな問題の原因になりかねません。

そのため、10年程度という目安はメンテナンスを受けるのに適しているタイミングです。

その結果、状態によって数年先まで様子見したり、

10年経っていなくても傷みが気になるようであれば早め塗り替えるようにしましょう。

 

 


耐用年数や料金に違いがある塗料の種類

一戸建て住宅に多く利用されているシリコン系塗料は、耐用年数が10年から13年程度。

表面に付着した汚れは雨で流れやすく、

防カビ、防藻性に優れているためコスト面から見てもバランスのいい種類です。

さらにコストパフォーマンスに優れているアクリル系塗料は、耐用年数が7年前後。

現在はあまり利用されておらず、

汚れやすいため自身でもできる範囲でのメンテナンスが欠かせませんが、

できるだけ安く済ませたいかたに需要があります。

近年、利用者が増えてきているのがウレタン系塗料で、

こちらは若干シリコン系塗料よりも耐用年数が劣るものの、

色あせしにくく耐久性もいい上に費用が控えめというバランスの良さです。

施工回数を減らすために耐用年数を重視したいというかたに人気なのが、

15年から20年ほどと長持ちするフッ素系塗料になります。

商業施設に利用されている塗料でコストが高いのがデメリットですが、

光沢があって高級感がありますし、

汚れにくく外観を損なわないことで住宅用にも普及され始めました。

基本的に塗料の種類は安いほど劣化しやすく、高いものほど耐用性に優れています。

特徴を理解した上で、予算内で条件に合った適切なものを慎重に選ぶことが大切です。

 

 

外壁塗装はその工程もしっかり確認しておくこと

塗料の種類に関して調べても不明な点があれば、

施工を依頼したいと考えている業者に家の状態を見てもらい相談することをおすすめします。

条件に合っているものを提案してもらえます。

ただし、取り扱っている塗料は業者によっても異なりますので注意してください。

外壁塗装工事は天候状況がよく順調でも1週間から10日前後かかります。

前後には足場を組んだり外壁を洗浄、下処理をするなどの作業も必要になるため、

合わせると半月経度かかる大掛かりなものです。

費用に関しても、塗料代以外にさまざまなものが必要になってきますので、

こちらも業者とじっくり話し合うようにしてください。

外壁塗装のリフォームの相場は、全面施工で100万円前後が相場とされています。

しかし、面積や塗料によっても違いが大きいため、あくまでも参考値です。

自治体によっては助成金、補助金が出るところもあるため事前に確認しておくこともおすすめします。

適切な時期に適切なタイミングで行い、家の状態を守れるように心がけましょう。

岡山県のリフォーム・新築は木匠工房みやけ建築にご相談下さい。


会社名:木匠工房みやけ建築

住所:〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町949-12

TEL:086-486-4780 MOBILE:090-5372-6778(直通)
FAX : 086-486-4781

営業時間:8:00~17:30 定休日:日曜日

対応エリア:リフォーム/新築施工/店舗工事/家具製作/エクステリア工事

業務内容:岡山県内

2021.01.22

page top