岡山県のリフォーム・新築木匠工房みやけ建築

086-486-4780

新着情報News info

トイレリフォームのタイミング

 

トイレのリフォームのタイミングが分からない、と感じている方は少なくないのではないでしょうか。

壊れてから考えれば大丈夫!と思っていると、いざ壊れてしまった時に慌てるだけでなく、

どのようなトイレにするか検討する時間をあまり取れずに、リフォームすることになる可能性もあります。

そうならないためにも、トイレの寿命を知り、事前にリフォームのタイミングを考えておくことが大切です。

今回は、トイレリフォームのタイミングについてご紹介します。

 

 

トイレの寿命は15年~20年程

トイレの寿命は平均して15年~20年程と言われています!

便器やタンクなどの陶器で出来ている部分は、綺麗にしていれば100年でも持ちますが、

タンク内の部品は、プラスチックやゴム製が多いため、

その部品の経年劣化によりトイレトラブルが発生することが多くなります。

陶器が100年も持つなら、部品だけ替えれば、トイレを交換する必要はないと考えられますが、

製造メーカーのほとんどは、そのトイレの製造終了から約10年~15年ほどで部品の製造を終了してしまうため、

いつまでも部品交換でトイレを使い続けることはできないのです。

例えば、トイレを設置してから20年後に部品が壊れた場合は、

修理に必要な部品が製造されていないため、交換するしかないのです。

 

 

ウォシュレットの寿命は10年~15年程

ウォシュレットはトイレについている電化製品という感覚となります。

そのため、寿命は先程ご紹介したトイレより少し短く、約10年~15年程と言われています!

早い方だと、購入後3年程で故障して、ウォシュレットだけ買いなおすという方も少なくありません。

 

 

使用していて不便や悩みなどが増えたら交換時期

先程ご紹介した通り、トイレの寿命は約15年~20年といわれていますが、

交換時期はトイレの不便や悩みなどが増えた頃がおすすめです。

下記のようなことがあればリフォームを考えても良いでしょう。

・水が流れにくい

・水漏れする

・黒い輪染みがすぐ発生する

・汚れや臭いが落としづらくなった

・トイレの隙間にすぐホコリが溜まる

・流す時水をたくさん使っている気がする

・歳を取り、便座の開け閉めや、流すレバー操作が辛いと感じる

・新しい機能が欲しい

 

 

壊れてから考えれば良いという考えは危険

トイレが壊れて、今すぐに交換したいという方は、

トイレの悩みが増えてきて交換を検討している方と決定的に違うのが、検討する時間の差となります。

今まで検討していた方に対し、急用の方は検討する時間が圧倒的に少なくなります。

その為、悩みや希望通りにリフォームができず、後悔するということも考えられるのです。

そうならないためにも、トイレの寿命を確認し、壊れていないうちにリフォームの検討をしておくのが良いでしょう。

 

 

トイレの寿命を長持ちさせるポイント

少しでも寿命を伸ばすためには、こまめなお手入れが大切です。

お手入れといっても、汚れやすいノズルの掃除をするなど簡単なことで問題ありません!

また、基本的には説明書をきちんと読み、正しい使用方法を守ることが寿命を長持ちさせる上で重要です。

例えば、撥水コートをしてある便器では、使うとコートに影響を及ぼす薬剤があったり、

汚れがよく落ちると有名なメラミンスポンジが使用禁止であったりするトイレも多いので注意が必要です。

適切なお手入れをこまめに行い、正しく使用して長持ちさせましょう。

 

 

今回は、トイレリフォームのタイミングについてご紹介しました。

トイレのリフォームは壊れてから考えれば大丈夫と考えずに、

事前にどのようなトイレにリフォームしたいか、検討しておくことがおすすめです。

そうすることで、急に壊れてしまったとしても、慌てずに理想に合ったトイレリフォームが行えるはずです。

 

岡山県のリフォーム・新築は木匠工房みやけ建築にご相談下さい。


会社名:木匠工房みやけ建築

住所:〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町949-12

TEL:086-486-4780 MOBILE:090-5372-6778(直通)
FAX : 086-486-4781

営業時間:8:00~17:30 定休日:日曜日

対応エリア:リフォーム/新築施工/店舗工事/家具製作/エクステリア工事

業務内容:岡山県内

2020.06.12

page top